親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2016年2月27日

内装ワイヤ交換

今日は、Bianchi Vertigo フルカーボンのロードバイクです。


Bianchi って水色だけじゃないんでしたっけ?(笑)
赤、黒、白の色使いがバッチリでカッコいい。


今回の修理箇所は、ここ。
フロントディレーラーのワイヤー交換です。
あまりうまく写っていませんが、シフトワイヤーがほつれてしまっています。





このバイク、ワイヤーが内装(自転車のフレーム内を通すこと)されてます。
うかつにワイヤーを抜いてしまうと、交換後の新しいワイヤーを通すのが難しくなります。



このような場合は、ケーブルライナーを交換前のワイヤーに沿って一旦通してから、
新しいワイヤーを通すと簡単にワイヤー交換ができます。



尚、シマノのこのタイプのレバーの場合、ブレーキを握った状態でシフトワイヤーのタイコ部分が取り出せますので、
適当なバンド等でブレーキレバーを引いた状態にしておくと、ワイヤーを挟んで折り曲げてしまうこともなく、確実にワイヤー交換ができます。


最後にワイヤ処理ですが、最近は、短く処理するのが流行っているんですが、あまり短いのも好みありますので、
チェーンリングからはみ出ないように適当な長さにしています。