親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2016年3月22日

WILDWEST

「20年乗っていない。。。」
ということで、今回は、ブリヂストンWILD WESTです。

20年ほっておくとどうなるんでしょう?




と、預かった自転車は、意外や意外、綺麗ですね。
保存状態良かったみたいですね。

タイヤ、ブレーキシューなどは、まだまだ使えそうにも見えますが。。。、さすがに交換です。
グリップなんかも普通は、劣化でべたべたになっている場合もあるのですが、このままでよさそうです。
ワイヤーもダメージ少ないですが、なんせ20年前のワイヤーですからね。交換しましょう。

あ、変速できない。。。

変速しようとしても、シフトレバーが元に戻っちゃいます。
おそらく、グリス等が固まって、変速ラッチの爪が固着しているんでしょう。
中を開けて、清掃してみましょう。



最近のMTBはVブレーキかディスクブレーキですが、これはカンチブレーキです。
タイヤとのクリアランスがあることと、ドロップハンドルでも使えることから、ランドナーやシクロクロスでは、今でもよく使われています。
カンチブレーキはブレーキシューの角度や突き出し量が無段階で調整できるので、かえって調整が難しいのです。




私の場合、設定するときはブレーキレバーを一定量引いた状態で固定してブレーキシューの位置決めをしています。



タイヤは、街乗りのタイプにして欲しいとの要望で、セミスリックのタイプをチョイスしました。
最初の写真とあまり変わり映えしてませんが((*_*;)、タイヤ、ブレーキシュー、ワイヤーが交換され、一新です。
シフトレバーもカチカチ音がして変速もいい感じです。

最後に、チェーンが少し汚れているのが気になって、オマケでチェーン清掃サービスです。
最初に気が付かないのは、まだまだ修行が足りない証拠ですね。
最初はこのチェーンなら十分このままでいけると思ってたのですが、他が綺麗になっていくと、相対的に汚いのが目立ってきちゃうんですよね~。