親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2017年3月30日

Schwalbe Tube

当店でよく使用するシュワルベのチューブです。

このチューブ(15SV)は700x18~28Cと適合範囲が広いのが特徴。
タイヤを変えたりしたときに、チューブは替えなくてよかったり、
ツーリング等で予備チューブの貸し借りなども便利ですね。

で、今回は、バルブのお話です。
バルブも一般的には3種類ありますが、その1つのフレンチバルブです。
シュワルベのチューブの場合、バルブキャップが嵌るネジ部の一部が欠けています。

これは、不良品と言う訳ではなく、バルブコアを外すためのものです。
(尚、バルブコアが外せないタイプのバルブもあります。)

これを外すためのツールがあります。

頻度が少なければ、ネジ山をなめないようにモンキーなどでしっかり挟めば、脱着はできますので、一般の方は、買わなくてもいいと思いますが、前の写真のように、挟む箇所があるってこと知っておいてください。

で、こんな風に差し込んで、ねじれば。。。


こんな感じで外れます。
普通は、手で少し強めにひねれば脱着できます。
外すときに硬い場合はこのツールをモンキーレンチなどで挟んで回しますが、あまりグイグイやっちゃうと、今度はバルブの根元にダメージが出ますのでほどほどに。

一般的にバルブの長さは40mm~60mmぐらいで、ディープリムのホイールを使用する場合、延長バルブを使用してバルブの長さを長くして使用します。こんな時は、バルブコアを外して延長バルブをかませることになります。

また、空気を入れたりするときに、フレンチバルブの先端を曲げちゃうことがありますが、このチューブなら交換できますね。

その他、外せるという性質上、緩むってことがあるんです。パンクかと思いきや、バルブコアが緩んでるってことがたまにあります。スローパンクなどの場合、これが原因であることがありますので、頭に入れておいてください。