親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2017年6月3日

ブラックスポーク

ホシといえば、国内唯一のスポークメーカー

当店では、スポークをサイズオーダーで販売しています。
スポークとはタイヤのリムとハブを繋いでいる針金のようなものです。
実際は先端がネジになっていて、ニップルで固定します。

当然タイヤのサイズでスポークの長さは変わりますが、リムやハブの形状によっても変わってしまいます。さらにホイールの組み方によってもスポークの長さが変わるので、26インチなら何ミリなんて決まりません。
それでも典型的なママチャリなんかは、いくつかのバリエーションを持っていると何とかなることもありますが、26インチでもリムの材質、ブレーキの種類によってハブが違っておりそれ毎に何種類か必要となってきて、26インチの自転車に合うスポークを用意するのも結構大変なんですね。

しかも、小径車等の短いスポークに至っては、自転車屋でさえ入手困難な状況に陥っています。

で、当店には、スポークカッターなるものがあります。(少し自慢)

当店でスポークを作れるわけではありませんが、長いスポークを切断し、ねじ切りすることで、必要なサイズのスポークができるのです。

で、今回、黒のステンレススポークでサイズオーダーの扱いを開始しました。

個人的には、ステンレスなんだから、塗装いらないでしょ。とは思っていましたが、
近頃、高級車はカーボン素材がよく使われるようになって、ハンドル、サドルなど黒を基調にしたものが多くなって、カーボン製品以外でも黒を基調とするパーツが多くなってきています。

あまりこだわりのない私。要望あればと、ブラックのスポークを仕入れてみようと思いましたが、受注生産とのことで、1か月待ち。しかもやたら高い!

実は、ブラックのスポークですが、カットしてねじ切りをする際に、ねじ切りの部分の塗装がねじ切りの刃に付着して切れ味が悪くなるため、先端の塗装を紙やすりではがしてからねじ切りしてたんです。1~2本の補修であれば、これで良かったのですが、さすがに20本とか40本とかくると涙出ちゃいますんで、やり方を試行錯誤。

そんなに悩んだわけではありませんが。。。

塗装のはがし液をカットしたスポークの先端に付けて少し放置。
そうすると、塗装がふにゃふにゃにふやけてきて、これをペーパータオルなどではがし液事ふき取ると、つるんとしたスポークが見えてきます。


これをスポークカッターでねじ切るわけです。
というわけで、黒のスポークは手間が少しかかっています。
尚、シルバーのスポークに比べて値段が高いのは、もともとの値段の差によるものです。(念のため)

遠方の方は、Yahoo!ショッピングサイトで1本から購入できます。
↓(ぜひ、クリックだけでも。。。笑)
エムズサイクルYahoo!店