親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2017年10月17日

Calamita due+

Calamita due+
Calamita=カラミータとは、磁石の意味とのこと。
スチールフレームを惹きつけるのは磁石ということでのネーミングだそうです。
アンドゥトロワのdueは2。ということで、Calamita due+とは、カラミータ2の進化系ということかな。


第一印象、ブルーのメタリックがとてもきれいなんですよ~。
(個人的に、自転車は見た目8割と思ってます。)
Soraをメインコンポーネントにして、コロンバスのチューブを使用してます。
シートステーが緩やかにカーブしており、これがなかなか決まっています。
シートステーは主に後輪からの突き上げを支えていますが、ここがカーブしていると振動吸収に一役買って、クロモリならではのバネの特性が行かされる感じですね。
オマケに、フォークがカーボンフォークとなっており、乗り心地や軽量化にも一役買っています。(オマケというのは失礼ですね。)
重量はペダル抜きで9.3kgということで、カーボンバイク級。
パーツを見直していけば、さらなる軽量化も。。。。

メーカー曰く、フレームは頑張った。コンポは控えめのSora。乗ってみて気になってきたらコンポをグレードアップしたりすることもできるようにとのこと。

これで、標準価格125,000円(税別)ですから、お買い得です。