親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2018年1月7日

ガラスの鎧

本日は、日曜日で当店の定休日ですが、
ちょっとだけ休日出勤で作業してます。(お店はお休みですけど。)

作業はガラスの鎧(よろい)の施工です。
ガラスの鎧とは、クレストヨンド社のコーティング剤のことですが、
施工後、硬化の時間が必要で、閉店後(今回は休日出勤ですが。。。)の作業となります。

実のところ、施工自体はそんなに難しくはないのですが、
基本的にフレームのみにしてコーティングするのがベストであることと、
いい加減にやってしまうとムラが出来たりしまうので、一般販売されておらず、自転車店で施工するシステムとなっています。

難しくないとは言うものの、作業場所や作業台が必要で、硬化まで数時間必要なので、
個人的に行うのは、少しハードルは高いですね。実績のあるお店でやるのが一番かと思います。

普段はシートポストをクランプして、フレームを中吊りにして、施工するのですが、今回、シートポストがエアロ形状で、あまり強くクランプできません。
このため、作業台で実施することにして、BBが浮くように、別の作業スタンドと組み合せて施工しました。

赤い作業台から、BBが浮いているようにみえませんか?

(例のごとくピンボケですいません。)

裏側から、別の作業スタンドでひっかけています。


こんな風にBBを浮かす、アダプターみたいなのが作業台に付いているといいかもですね。
コーティング剤用だけでなく、BB裏が浮いているとシフトワイヤーを通すのに都合がよささそうじゃないでしょうか?