親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2018年11月25日

GIANT ESCAPE リストア

そういえば最近あまりなかったリストア案件です。
GIANT ESCAPE。コスパに優れたクロスバイクです。


お客様「変速がうまくいかないです。」(え?そもそも走れないのでは???)
私「(やっぱり)ペダルが回りません。ブレーキは何とか引けますが、かなり重いです。」
お客様「少し前までは、走ることはできてましたけど。。。」

とりあえず、チェーンを外してみないと何ともでしたが、チェーン、シフトワイヤ、ブレーキワイヤを交換でいけそうだったら直すことになって、お預かりです。

シフトワイヤはもうメタメタ。
完全に錆びて、ディレーラ(変速機)が動くかどうかも確認できません。

チェーンも固着して、ペダルが回るのか確認もできません。


タイヤは大丈夫そうかな。。。
(このての自転車、タイヤ、サドル、グリップなどもひどくなっているものも多く、いろいろ直すと、じゃあ新しいの買ったら?という値段に近づいていきます。。。)

結果として、シフトワイヤ、ブレーキワイヤ、ブレーキシュー、チェーンを交換することで、自転車としての性能をなんとか回復しました。



チェーンリング(フロントギア)の錆が少し目立ちますが、ハンドル周りはなかなか精悍な顔立ちを取り戻したのではと思います。

2018年11月13日

VIVOSMART3 入院

ガーミンのスマートウォッチVIVOSMART3のベルトが。。。


もう首の皮一枚という状態。


使い始めは今年の4月だから、半年そこそこでこれはどうなんだろうか。
最初からベルトが(良く言えば。。)すごくしなやかで、切れる予感はしていたので、案の定切れたという感じです。でも、普通はベルトの穴部分とかベルトを通す輪(遊環(ユウカン)というらしい)が切れるもんでしょう?普通の時計だとこの部分はヒンジになっていますから、やっぱ力がかかる部分なんだよね。ヒンジなしだとやっぱり構造的に弱いよ~。

問い合わせをしてみると、"交換用のベルトがある" なんてことはなく、メーカー修理ということで、メーカーに発送して、修理中です。
問合せ先のオペレータの話では、修理というよりも交換となると思います。と。。。
まぁ、ちまちま直したりするより、新品交換のほうが安いということなんでしょうか。

修理からもどってきたら、あまりベルトを広げないように、そぉっと付けるようにしてみましょう(涙)

2018年11月10日

CYCLE MODE



昨日、サイクルモード行ってきました。

入口近くにドーンとあった、ピナレロ!
レースに使われてたフルームの実車ドグマF10


実車らしげ(って実車です)に、サイン(?)が入っています。


楕円リングにDuraAce Di2

お値段は100万越えでしょうが、実のところ一般人でもトップ選手とほぼ同じものを少し背伸びすれば買って乗ることができる!!すごいとおもいませんか?
(例えば、F1と同じような車を買うのは、難しいし、公道なんか走れないですよね~)

裏を返せば、所詮は足ということでもありますね。


お次は、ピナレロとはある意味対局のブランド、ケルビムです。
ケルビムは、日本のブランドで主にスチールフレームの老舗で、競輪選手のフレームも手掛けており、性能は言うに及ばず、とにかくデザインが飛び抜けています。
カーボンフレームが競技用のF1をイメージするのに対し、フォーマルな高級車というところでしょうか?

ちょっとピンボケでしたが、これはぜひ直に見てほしい1台ですね。


つぎは、スマートトレーナーです。
WAHOO のキッカーというスマートトレーナなんですが、
おなじみのZwiftと連携して、画面の上り坂と連動して、フロントフォークを持ち上げます。


動画が見れない方がいらっしゃるようですので、YouTubeに別途アップしてみました。

さらに前方には、スピードに応じたファンで風を感じることができる!


尚、残念ながら、このフロントフォークを持ち上げる装置ですが、他社のスマートトレーナーとは、連動しないとのことでした。。。

そのうち、雨を再現できるなんてことも!!(笑)

CYCLE MODEは、明日日曜日まで、その他いろいろな自転車が試乗できますので、幕張メッセに行ってみてはいかがでしょう。