親切丁寧、良心的なサービスをモットーに日々努力させて頂いております。

2019年11月29日

GARMIN Instinct

GARMIN Instinctです。

最近、このInstinctのニューバージョンが出て、ちょっとがっかり気味ではあります。

これまで、G-shock+VivoSmartで、こんな感じで使っていましたが。。。

やっぱり、手首って時計を付けるベストポジションなんですね。
手首より少し上に着けようとすると、細い手首側にずり落ちてくるので、結構タイトに付けるわけです。そうすると、ベルトの跡が付くような感じになって、ちとかゆくなってくる。。。

で、Instinctに変えたわけです。
1か月程度ですが、いい点と悪い点などをざっくり言うと、
VivoSmartに比べて電池の大きさが大きいのでしょう。1週間に対して2週間持ちます。
週1回週充電すればよかったのが、2週で1回になると、やっぱ楽です。
また、GARMINの本格モデルForAthleteシリーズなんかよりもカジュアルで安い。私向き。画面が少し荒くモノクロ。モノクロという点は、バッテリー寿命に貢献していると思います。

それと、Instinctには、バイクモードってのがあって(その他、ランとか登山とかいろいろあります。)心拍、距離、タイム、スピードが見れちゃうので、そもそもサイコンがいらなくなりそうな感じもしてきます。

ボダンをおせば、ラップモードに切り替わったりもします。
(本体裏についている、心拍計のセンサーですが指などでも反応します。(正確に計測されているのか少し疑問ですが))

欠点と言えば、活動計なので、普段の歩いた歩数とか、睡眠状態とかを記録してくれるんですが、活動計として使用すると、腕時計がこれに限定されちゃうってことですね。いくつか時計を持っていて、気分に合わせて変えることがしずらくなっています。(まぁ買って1か月なので、そのうち飽きてくるんだとは思いますが。。。)
小生、自転車屋をやる前はサラリーマンだったのですが、会社に行くときと普段の時計は変えていましたので、そういう方は悩むかもしれません。
両手に腕時計付けるのはすこし恥ずかしいし。VivoSmartならこれは活動計で、これは腕時計と好きな時計を付けることができましたので。

あとは、表示がやっぱり大きいので、メールの着信などわかりやすくて、スマホを観る頻度が減りました。で、スマホのバッテリーが少し長持ちするように思います。
特にLINEは固定文ですがスマホなし(といってもスマホと接続してのLINEですので、近くにある必要はあります!)で返せるので、意外と便利です。(もうちょっと気が利いたメッセージがあるといいのですが。。。)

GARMIN EDGEシリーズ等の心拍計としても当然使用できます。
 
が、繋ぐ必要ないんじゃないかと感じてきています。
手持ちのEDGE520とInstinctの機能が重複してて、自転車に乗るときは、VivoSmartでいくのか、GARMINの前に使っていたCATEYEにもどるのか???混乱しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿